考え方を整理してみました

 日本の外交のあり方をめぐっては、様々な意見があります。それらはいずれも日本の現状の認識の仕方によって異なってくるのでしょうが、あえて次のように分類してみました。

A.アメリカは戦後一貫してわが国の後ろ盾であって、その強大な軍事力こそがわが国が侵略を受けなくさせている、いわば抑止力である。したがって、わが国の安全は米軍が駐留してくれているからこそ守られている。
(1) これからもアメリカに従っていこう。アメリカに言われるとおりに憲法を改正し、アメリカの思うように動かせる軍隊を持ち、それでアメリカの負担が軽減できるなら、お返しにもなる。
(2)憲法を改正してはいけない。自衛隊を最大限許される範囲で軍隊化するが、基本的には今までどおり。アメリカの無理は聞かなければならない。

B.憲法を改正し自国の軍隊を保有する。そうすることによってアメリカ依存を脱却し、真の独立国となれる。
(1) 今や世界は1国帝国主義から先進諸国による分散統治の時代。日本は先進圏の1員として一定の役割を担うべきである。必要なら核兵器も保有する。
(2)アメリカを含め他国からの干渉を一切排するが、全ての国と友好関係を保つように努め、あらゆることを主体的に判断し対処する。平和主義に努め、軍隊は専守防衛に徹する。

C.人間の理性のみに依拠し、一切の軍事力を廃棄する。安保条約を解消し、全ての国と対等・平等な友好関係を築く。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これまでわが国の政府が取ってきた姿勢はA-(2)といっていいでしょう。しかしアメリカの事情の変化は、このような状態をこれからも継続していくことは困難なものにしているようです。小泉政権になってからはA-(1)またはB-(1)を志向しているように思えます。この2つはいずれもアメリカの戦略によって選択が決まります。
 さて、B-(2)ですが、実は最も多くの人が有している考え方なのではないかと思います。憲法改定絶対反対を主張する人の中にも結構多いのも事実です。この考え方をする人の殆どが、主権がアメリカに握られているような現状のままで軍隊を持つことは避けたほうがいいが、基本的には自衛手段としての軍隊は必要、という考えなのではないでしょうか。あくまでもアメリカとの摩擦を最小限に抑えることが前提となります。

 私はCです。B-(2)は中途半端で、アメリカとの摩擦を回避することはできません。最も現実的ではない考え方だと思います。Cの立場を常に一貫して全世界にアピールし続けます。全ての国が9条を持つことを訴え続けます。正直なところ全ての国家が金食い虫の軍隊を持つ必要がなければ持ちたくない、と思っているのではないでしょうか。自衛のためにやむなく・・・というのが本音でしょう。自衛が必要なのは攻撃に対処するためです。ところが、攻撃する側の殆どが自衛のためといっているのですから、ややこしいですね。それならいっそのこと軍隊をなくし戦争放棄を宣言すれば、攻撃される口実を誰にも与えないですむのではないか、という実に単純な発想です。日本が名乗りを上げれば、同調国が必ず現れると思います。2カ国、3カ国と平和同盟が増えれば、国際世論はガラッと変わることでしょう。
 自宅や町内に悪者が犯罪目的で忍び込んできたらどうする、ということとは性質の違う話なので、念のため。

 軍事力保持に反対するいまひとつの理由は、シビリアンコントロールが効かなくなることです。そもそも意見を通しやすくするための軍事力なのですから、軍を掌握する者の発言力は外に対しても内に対しても当然強まります。軍人が政権を握った状態、軍国主義への一里塚ですね。
[PR]

  # by kobo1947 | 2006-02-06 01:00 | 日々思うこと

当ブログ主から一言

 当ブログへの投稿やTBが増えていることに驚きと共に、みなさまへ心から感謝いたします。
いかなる内容のコメントであれ、全て感謝をこめて受け止めています。エントリーへの共感であれ批判であれ、勉強する上での大事な助言と考えています。

 当ブログを訪れていただく人は、実社会での地位がどれほど高かろうとも、全て平等です。したがって一部のコメント中に見られたような、高いところから見下ろすような表現は極力避けていただきたいものです。たとえば、
 「重ねて言います。正確に理解して下さい。
  自らの見解に合わなくても、目を塞がないで下さい。」
このようなものの言い方とか決め付け方はいただけません。論旨の補強材料としていくつかの事件等を取り上げますが、論旨そのものを立証するための学術論文のつもりでエントリーしているわけではないので、そこらあたりを弁えてコメントいただければありがたいです。
[PR]

  # by kobo1947 | 2006-01-30 19:25 | 日々思うこと

日本は軍隊を持ってはならない!

日本は自ら戦争を仕掛ける国ではありません。他国が起こした戦争に加担するか巻き込まれる状況を想定して軍隊を持つべきかどうかを争点とした議論に、拙いエントリーをすることで私も参加させてもらっているつもりです。
これまで北朝鮮との関係を中心に、数回に分けて軍隊の不要を主張してきましたが、今回はまとめとして一応のピリオドを打とうと思います。
少し長文になります。

More
[PR]

  # by kobo1947 | 2006-01-26 12:28 | 日々思うこと

3.日本が外国から武力攻撃を受ける局面

日本が外国から武力攻撃を受ける局面はいくつか想定されます。それらの一つ一つについて検討してみましょう。

More
[PR]

  # by kobo1947 | 2006-01-17 00:34 | 日々思うこと

2.日朝両国間の障壁

 2国間に存在する問題は無数にあるのかもしれないし、それほど多くないのかもしれません。私などには計り知れないことであると承知しつつも、いくつかの問題について日ごろ考えていることを述べてみることにします。

More
[PR]

  # by kobo1947 | 2006-01-10 19:18 | 日々思うこと

1.拉致被害者家族の会の主張は釈然としない

日本が軍隊を持つべきであるとする主張の中で、最も純粋な考え方は、「日本が攻められたらどうやって自分自身を守ればいいのか」というものでしょう。
これは私自身の9条をめぐる最大の疑問でした。以下いくつかのテーマに分けて、この問題を考えてみたいと思います。

1.拉致被害者家族の会の主張は釈然としない
北朝鮮が拉致被害者の安否についてでたらめな情報を提出することは、被害者家族ならずとも憤りを覚えます。「北朝鮮の日本をなめきった」態度に対して制裁を加えるべきだ、という主張はある意味自然な感情から生まれてくるものなのでしょう。ましてや被害者家族であればなおのこと・・・  本当にそうでしょうか?本当にそれが被害者家族の偽らざる気持ちなのでしょうか?自分の愛する肉親が生活している国と対立を深めては、生きて再会を果たす機会が完全に失われてしまうかもしれません。
たとえば横田めぐみさんは拉致されてからの時間が、ご両親と一緒に生活していた期間よりも長く、現在は北朝鮮における家族も構成しているのです。友人もいるでしょう。仕事にも愛着を持っているかもしれません。めぐみさんにとっては別々の世界に住む家族ではあっても、どちらもこの上なく大切な家族であることに変わりないと思います。そのことは横田さんご夫妻が一番痛感していらっしゃることではないでしょうか。他の拉致家族の方々も同様です。
他人はどうであれ、拉致家族の方々の一番の願いは、両国が仲良くなり、お互い家族同士自由に行き来できるようになることではないのでしょうか。ですから拉致被害者家族の会の最も素直な主張は「両国間の障壁を取り除き、一刻も早い国交回復を!」ということになるのが自然だと思うのですが。

次回は「両国間の障壁」について考えてみたいと思います。
[PR]

  # by kobo1947 | 2006-01-06 02:08 | 日々思うこと

みなさまに訴えます!

あけましておめでとうございます。
ブロガーのみなさまには、本年もどうぞよろしくお願いします。
                         KOBO1947
e0084918_4254887.gif
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
わが国の平和と人権を守るために国際的な活動を行っている河内謙策弁護士が、氏の友人・知人に当てたメールを紹介します。

  ≪友人の皆様へ、一生に一度のお願いです
 いつも御世話になっている河内です。いつも御世話になっている上に、このようなお願いで恐縮ですが、どうしても皆様のお力をお借りしたいと思い、このメールを差し上げました。文字通り、私の一生に一度のお願いです。
 

More
[PR]

  # by kobo1947 | 2006-01-02 04:35 | がんばらねば!

「愛国心」は憲法に明記することか?

教育は「信仰」の押し付けであってはならないという[itall]さんの記事を読みながら今日思ったことを・・・

e0084918_1242690.jpg12月24日の《ウエークアップ・プラス》(読売テレビ)では、「愛国心を憲法に入れるべきかどうか」をテーマに討論会を行っていました。コメンテーターは、塩川正十郎、三宅久之、井筒和幸、森本敏、香山リカ、勝谷誠彦。辛坊治郎の司会ぶりは合格点。

さて、憲法の「自民党案」や「中曽根案」に共通しているのは、国民が愛国心を持つことを憲法にe0084918_136142.jpg明記することです。いうまでもなくこれら案における「愛国心」の対象である「国」とは「国家」という抽象概念であり、意味するところの本質は「お上」に他なりません。国民の生命・財産や郷土愛、伝統を意味するというなら、それらは本来人間に自然に備わっているものであり、憲法に明記することではないからです。
そもそもこのような発想が生まれるのも、憲法を国民を縛る道具という、全く逆転した考え方に由来するのではないでしょうか。主権在民を標榜する国家にあっては、国民の意思と異なる方向へ時の権力が向いて行くことのないようにするための、権力の手を縛るための規範が憲法なのですから。

e0084918_1261271.jpg放送ではこの点を踏まえて井筒氏が「愛国心持たなくてもええと思う。」と発言。すかさず三宅氏が「国を愛せない者はこの国から出て行ったらいい。」と応酬。三宅氏をテレビで見る度に思うのですが、どうしてあんなにヒステリックなんでしょう。他の人が発言途中であってもおかまいなしにヒステリックに叫ぶ。こんな人物がよくもあちこちの放送局に出演していられるものだと、放送局の常識さえ疑いたくなってきます。さすがに井筒氏も「これでは討論のし甲斐もない」とつぶやいてました。
「愛国心」を憲法に明記すべき:三宅、森本、塩川
「愛国心」は憲法に明記すべきことではない:井筒、香山、勝谷

「お上」を信じて素直に従ってさえいれば、平和に暮らせる。―という心情は日本人特有のものかと思っていましたが、どうやらそうではない、ということを最近『茶色の朝』という本を読んで知りました。摩擦や面倒になることを避けたいばかりに、「変だな」と思うことがあったとしても、あえて自分で理屈を考えて肯定していく。気がつくと世界がすべて茶色になり、かつて茶色でない犬を愛玩していたという理由で、逮捕されてしまう・・・
怖い話ですが、今の日本はまさに茶色に染められつつあるように思えてなりません。
[PR]

  # by kobo1947 | 2005-12-25 01:08 | 日々思うこと

”第9条は人類の宝”


e0084918_18355867.gif

去る6月6日から6月11日まで、フランス・パリで国際民主法律家協会(IADL)の第16回大会が開催され、55か国・400人の法律家・市民が参加しました。日本からも19名の法律家・市民が参加し、憲法9条についての国際的共同闘争を呼びかけるなどの大活躍をしました。以下は、大会で採択された憲法9条についての決議です。(仮訳者は、K.K.:弁護士)

≪日本国憲法第9条についての決議≫
 我々、フランス・パリで行われている第16回IADL大会に出席している法律家は、平和のために奮闘してきたIADLの歴史を想起しつつ、以下のとおり決議する。
 1946年に制定された日本国憲法第9条(以下、「第9条」という。)は、一切の戦 争放棄を定めている。それゆえ、同規定をめぐって、日本の平和勢力と保守勢力は約60年間にわたって激しい対立を続けてきた。1990年代に軍事大国化の道を歩み始めた日本の保守勢力は、ここ数年のうちに第9条を廃棄するための具体的な動きを開始している。
IADLは、第9条の改訂問題が、日本の国内問題にとどまるものではなく、国際社会の重大問題であることを確認する。なぜなら、第9条は、第2次世界大戦とアジアの植民地支配を反省した、日本の国家・民衆の世界の国家・民衆に対する平和の誓いだからである。
 IADLは、日本軍がアメリカ軍と一緒に肩を並べて世界各地で軍事力を行使することを容易にするために第9条を変えることに反対する。アメリカの戦争行為への日本の大手を振っての参加は、世界の平和への重大な挑戦以外の何物でもない。また、21世紀に戦争のない世界をつくりあげることは、人類の悲願である。それゆえ、 第9条は、人類の希望の原理を指し示している、人類の宝であると言っても過言ではない。人類の希望の原理を指し示している、人類の宝を破壊することは絶対に許されない。
 したがって、IADLは、第9条改悪阻止のために奮闘している日本の法律家・人民を支持し、世界の法律家・平和を愛する人民が大きな連帯の輪をつくりあげることを心から呼びかけるものである。
                                    以上                     (アンダーラインはkobo1947 IADL:国際民主法律家協会)             
[PR]

  # by kobo1947 | 2005-12-22 18:40 | がんばらねば!

『筑紫哲也さんの憲法9条に対する思い』 (その2)

世相春秋さんの『筑紫哲也さんの憲法9条に対する思い』という投稿に触発されて、自民党改憲案のうち、第9条と前文についてのわたしの思いを2回に分けて書きます。(世相春秋さんの投稿にコメントとして書いたものです)



現行:憲法前文

[前文]
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
 われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


自民党:前文

[前文]
 日本国民は、自らの意思と決意に基づき、主権者として、ここに新しい憲法を制定する。
 象徴天皇制は、これを維持する。また、国民主権と民主主義、自由主義と基本的人権の尊重及び平和主義と国際協調主義の基本原則は、不変の価値として継承する。
 日本国民は、帰属する国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務を共有し、自由かつ公正で活力ある社会の発展と国民福祉の充実を図り、教育の振興と文化の創造及び地方自治の発展を重視する。
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に願い、他国とともにその実現のため、協力し合う。国際社会において、価値観の多様性を認めつつ、圧政や人権侵害を根絶させるため、不断の努力を行う。
 日本国民は、自然との共生を信条に、自国のみならずかけがえのない地球の環境を守るため、力を尽くす。


【わたしの思い】
日本国憲法前文は、日本が平和と民主主義を基調として国際社会に認められる国になりたい、という「必死さ」があふれている文章だと思います。草案者は誰か、にかかわらず、その理念と理想は少なくとも私には痛いほど伝わってきます。まちがいなく自分の国を世界に誇ることのできる『わたしの憲法』です。
対する自民党案は、内容の良し悪しを問う前に、これでは事務連絡の箇条書きみたいです。単語の羅列では、筑紫さんの指摘どおり、とうてい人の魂に響くものにはなりえません。
こんな恥ずかしいものを私たちに押し付けられることだけは、絶対に御免蒙りたい。
[PR]

  # by kobo1947 | 2005-12-20 17:51 | がんばらねば!

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE