■いま、私にできること

『ハチドリのひとしずく』という物語をご存知でしょうか。
副題が~いま、私にできること~
ハチドリとは体長10センチくらいで、ハミング・バードとも呼ばれるかわいらしい鳥です。

e0084918_16404539.jpgこれは ちいさな力の大切さを教えてくれる南米アンデスの 古くて新しいお話――

森火事に一滴ずつ水を運ぶハチドリに対して、森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑います。ハチドリは「私は、私にできることをしているだけ」と答えました……。



一匹のハチドリのこの行為は勇敢であり、その心意気たるや見上げたものです。
でも、このハチドリが他者とは日ごろまったく「つながり」を持っていなかったら、場合によっては嫌われていて、「自分もやりたいけど、あのハチドリと一緒に行動するなんてヤーダ」なんて思われているのであれば、勇敢なハチドリの行為も、ほとんど意味がないことになってしまいます。

『学ぶ』ということは『つながる』ところまでいって意味を持つ―と、あるESD(持続可能な開発のための教育)をおしすすめている方が話されていました。

『いま、私にできること』として私はブログで今考えていることを公開してみることをしました。そうすることによって、ネットの世界と「つながる」ことができました。ブロガーズ・リンクに加わりました。そうすることによって、9条を変えたくない、という多くの素晴らしいブロガーと「つながる」ことができました。そして、ブロガーズ・リンクが『9条の会』が呼びかけている全国の集まりに参加することによって、さらに「つながり」が広がろうとしています。
一人でブツブツ文句を言っていたのと比べると、なんという違いでしょう!

もっともっと学べば、小さなハチドリであっても、多くの動物たちといっしょになってがんばれば、森の火が消せるかもしれません。
[PR]

  by kobo1947 | 2006-03-23 18:23 | がんばらねば!

<< ■■■戦争中毒■■■ 戦う前に負けましょう >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE