1.拉致被害者家族の会の主張は釈然としない

日本が軍隊を持つべきであるとする主張の中で、最も純粋な考え方は、「日本が攻められたらどうやって自分自身を守ればいいのか」というものでしょう。
これは私自身の9条をめぐる最大の疑問でした。以下いくつかのテーマに分けて、この問題を考えてみたいと思います。

1.拉致被害者家族の会の主張は釈然としない
北朝鮮が拉致被害者の安否についてでたらめな情報を提出することは、被害者家族ならずとも憤りを覚えます。「北朝鮮の日本をなめきった」態度に対して制裁を加えるべきだ、という主張はある意味自然な感情から生まれてくるものなのでしょう。ましてや被害者家族であればなおのこと・・・  本当にそうでしょうか?本当にそれが被害者家族の偽らざる気持ちなのでしょうか?自分の愛する肉親が生活している国と対立を深めては、生きて再会を果たす機会が完全に失われてしまうかもしれません。
たとえば横田めぐみさんは拉致されてからの時間が、ご両親と一緒に生活していた期間よりも長く、現在は北朝鮮における家族も構成しているのです。友人もいるでしょう。仕事にも愛着を持っているかもしれません。めぐみさんにとっては別々の世界に住む家族ではあっても、どちらもこの上なく大切な家族であることに変わりないと思います。そのことは横田さんご夫妻が一番痛感していらっしゃることではないでしょうか。他の拉致家族の方々も同様です。
他人はどうであれ、拉致家族の方々の一番の願いは、両国が仲良くなり、お互い家族同士自由に行き来できるようになることではないのでしょうか。ですから拉致被害者家族の会の最も素直な主張は「両国間の障壁を取り除き、一刻も早い国交回復を!」ということになるのが自然だと思うのですが。

次回は「両国間の障壁」について考えてみたいと思います。
[PR]

  by kobo1947 | 2006-01-06 02:08 | 日々思うこと

<< 2.日朝両国間の障壁 みなさまに訴えます! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE