『筑紫哲也さんの憲法9条に対する思い』 (その2)

世相春秋さんの『筑紫哲也さんの憲法9条に対する思い』という投稿に触発されて、自民党改憲案のうち、第9条と前文についてのわたしの思いを2回に分けて書きます。(世相春秋さんの投稿にコメントとして書いたものです)



現行:憲法前文

[前文]
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
 われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


自民党:前文

[前文]
 日本国民は、自らの意思と決意に基づき、主権者として、ここに新しい憲法を制定する。
 象徴天皇制は、これを維持する。また、国民主権と民主主義、自由主義と基本的人権の尊重及び平和主義と国際協調主義の基本原則は、不変の価値として継承する。
 日本国民は、帰属する国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務を共有し、自由かつ公正で活力ある社会の発展と国民福祉の充実を図り、教育の振興と文化の創造及び地方自治の発展を重視する。
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に願い、他国とともにその実現のため、協力し合う。国際社会において、価値観の多様性を認めつつ、圧政や人権侵害を根絶させるため、不断の努力を行う。
 日本国民は、自然との共生を信条に、自国のみならずかけがえのない地球の環境を守るため、力を尽くす。


【わたしの思い】
日本国憲法前文は、日本が平和と民主主義を基調として国際社会に認められる国になりたい、という「必死さ」があふれている文章だと思います。草案者は誰か、にかかわらず、その理念と理想は少なくとも私には痛いほど伝わってきます。まちがいなく自分の国を世界に誇ることのできる『わたしの憲法』です。
対する自民党案は、内容の良し悪しを問う前に、これでは事務連絡の箇条書きみたいです。単語の羅列では、筑紫さんの指摘どおり、とうてい人の魂に響くものにはなりえません。
こんな恥ずかしいものを私たちに押し付けられることだけは、絶対に御免蒙りたい。
[PR]

  by kobo1947 | 2005-12-20 17:51 | がんばらねば!

<< ”第9条は人類の宝” 『筑紫哲也さんの憲法9条に対す... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE